イタリアの犬に対する寛容さと、う◯この話

イタリア 犬

 

どうも @mugiko1223です。

 

イタリア生活も、3ヶ月くらいになるのかな~。今日は私がイタリアで生活していて許せない“あの話”をしたいと思います。

 

イタリアで衝撃をうけた、あれ

突然ですが、私がイタリアで生活している中で衝撃をうけたことベスト3を発表します。

 

第3位:イタリア人、めっちゃ喋るやん
第2位:ピザとパスタまじで美味いやん

(よく関西弁になりますが埼玉育ちです)

 

 

そして、堂々の第1位が…
「犬のう◯こ、ありすぎ。」です。

 

そう、イタリアで一番衝撃をうけたのは犬のうんこです。あ、◯つけるの忘れた。

 

ちなみにこれまで彼が2回、私が3回ほど踏ませて頂きました。しっかりと、大きめの。ありがとうございます。

 

最近では、忍者がマキビシを避けて進んでいくかのような俊敏さで道を歩けるようになりました。それでも気を抜いて「わー今日は天気がいいねえ」なんて、青空を見上げようもんなら一発でアウトなので常に下むいてます。

 

彼との連携プレーも大事です。
お互いにうんこ情報を共有しあい、最近ではうんこをみたら「stepして(“して”だけ日本語で言うのがポイント)」と言い合うのが日課になりました。

 

イタリアの美しい街並みを眺めながら優雅に散歩?いやいや、常に足元に注意しながら「わー、大っきいねー!大型犬かな?」とか「これもはや、人間のだよね?」という会話がデフォルトです。

 

たまに、馬が通ったのかな?と思うサイズが、ものすごい存在感を放って道路の真ん中に鎮座しているのは何なのかな?(ちなみにトリノに馬はいません)

 

 

イタリアの犬に対する寛容さは
何なんでしょうか?

イタリア 犬

犬は大好きだよおおお…

イタリア人めっちゃ犬好きなんですよ。小っさいのから大っきいのまで、外にいると犬連れの人をよく見かけます。ただ、みんなフンを処理しない。

 

ドイツではワンちゃんはしっかりしつけがされていて、飼い主もうんこ放置なんてもってのほか。5歳位の人間の子供より、よっぽどドイツの犬と一緒にいたいぐらいお利口さんです。

 

ドイツは町がキレイなので裸足でも外歩けますが(本当に歩いた奴)イタリアは死んでも無理です。

 

Komugi
ドイツやスイスにいると、日本にいるかのような安心した感覚になる現象が不思議だったのですが、イタリアに来て「ああ、町がキレイで衛生的だからだ…」と気づきました。

 

イタリアは、あれかな?うんこは自然に帰るから的な考えなのかな?いやいや、アスファルトだから。雨降るか、人に踏まれるかしないと消滅していかないから。わかってるイタリア人?

 

びっくりしたのがスーパーで買い物してたら普通に犬が通路でおしっこしてた。飼い主はしかと。スーパーのど真ん中で輝く黄金の水たまり。

 

人間に対してはめっちゃ文句言いまくるイタリア人なのに、犬に対する寛容さが果てしない。生類憐みの令でも政府が出しているのかな…?

 

もちろんキレイなエリアもあるけど、イタリアは全体的に犬のうんこ多めです。

 

 

イタリア 犬

人が集まる広場は比較的キレイです

 

住宅街なんて、道にはびっちり停められてる車かうんこしかないですから(言い過ぎ)

 

みなさん、イタリアに行く際は美しい景色や建物にみとれないで。100%踏みますから。うんこ。草の生えてるところで、ひたすらうんこがとれるまで靴をこすりつけるハメになりますから。

 

うんこなんかに時間をとられない為にも足元ちゃんと確認しましょうね。

 

ちなみに私は犬が大好きです。生まれてから今までほとんどが犬のいる生活だし、実家にチワワ3匹いるし(キチガイだけど)

 

ただ、犬飼うならうんこは持って帰れ。せめて、アスファルトでしたのは持って帰ってくれ。

 

そんな激しい憤りを抑えながら、今日もイタリアの町を歩いています。

 

Komugi
 さて、私は「うんこ」と何回言ったでしょうか。お食事中の方はすみません。

 

こちらの記事もおすすめ

・地中海に浮かぶシチリア島へ!イスラム文化の交ざる町「パレルモ」の雰囲気は?

・イタリアの古都トリノの魅力7選!素敵すぎたので長期滞在します

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA