【オーストリア】ウイーン旅!シュテファン大聖堂が素敵だったよ…

ウイーン シュテファン大聖堂

 

どうも @mugiko1223です。

 

今回はウイーン観光の中で一番感動したシュテファン大聖堂についてまとめてみました!

 

たくさん大聖堂を見てきたけど、特に美しい場所だったのでウイーン観光の際にはじっくり見学していって下さいね。

 

 

 

シュテファン大聖堂

ウイーン シュテファン大聖堂

シュテファン大聖堂

 

ウイーン旧市街地の中心にそびえたつのがシュテファン大聖堂。あのモーツァルトの結婚式や葬儀が行われた歴史的な大聖堂として人気の観光地です。

 

Komugi
ウイーンの市民からはシュテッフルという愛称で呼ばれているそう。カワイイ。

 

日本だとシュテファン寺院という名前が使われますが、正しいのはシュテファン大聖堂です。

 

12世紀に建てられたシュテファン大聖堂は、14世紀に今のゴシック様式に建て替えられましたが、一部は13世紀に建てられたロマネスク様式の部分も混ざる珍しい大聖堂です。

 

\ 塔の部分は世界で3番目に高いそう /

ウイーン シュテファン大聖堂

外側の様子

 

大聖堂の屋根の部分はモザイク屋根になっていて、23万枚ものタイルで作られているそうです。どことなくカワイイ印象をあたえるデザイン。

 

ウイーン シュテファン大聖堂

シュテファン大聖堂の中

 

中に入るとその荘厳さに息をのみます…。中ではコーラスの練習が行われていて、生コーラスを聞きながらの見学に鳥肌立ちっぱなし。

 

ウイーン シュテファン大聖堂

 

大聖堂を支える柱部分にはそれぞれ聖人の彫刻や豪華な装飾がされています。

 

ウイーン シュテファン大聖堂

大聖堂の柱部分

 

こんな壮大な大聖堂が日本でいう鎌倉幕府の時代に人の手で作られていたって思うと、人間ってすごいわ…って毎回毎回思う(笑)

 

おとぎ話のように感じていた世界史の出来事が、ヨーロッパに来てから本当にあった出来事だったんだなあとリアルに感じるようになったよ…。

 

そして昔から続くクリスチャンの権力人々の信仰心にただただ驚き…。

 

Komugi
 そら、ザビエルさんも海超えてやってくるわ…。

 

 

 

 

ウイーン シュテファン大聖堂

 

シュテファン大聖堂の北塔は有料になりますがエレベーターで60mの高さまで上がることができ、上からはウィーン旧市街を一望できます。

 

Komugi
私は週末で激コミだったので断念。

 

また、こちらも有料ですが地下墓地(カタコンベ)も見学でき、このカタコンベにはペストで亡くなった方の骨や、ハプスブルグ家の人達の内臓(!?)が保管されているそうです。

 

週末は特に混みあうので、朝早くか平日に行くのがおすすめです。

 

Komugi
シュテファン大聖堂内は無料で見ることが出来ますよ!

 

開館時間

月曜~土曜 6:00~22:00
日曜・祝日 7:00~22:00

 

  • 北塔 9:00~17:30/19:00~21:30
  • 南塔 9:00~17:30
  • カタコンベ 月曜~土曜 10:00~11:30/13:30~16:30
    日曜・祝日13:30~16:30

 

 

\ こちらの記事もおすすめ /

・【オーストリア】ウイーン1人旅!クリムトにザッハトルテな観光1日目の様子

・【オーストリア】ウイーン1人旅!バベルの塔にシェーンブルン宮殿な観光2日目の様子

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA