【ホイアン】でオーダーメイド服!おすすめのテーラーショップ3選!

ホイアン テーラーショップ

 

どうも @mugiko1223です。

 

ホイアンは繊維業が盛んなこともあり、町のあちこちにオーダーメイドで洋服が作れる「テーラーショップ」があるんです。

 

Komugi

結婚式参列用のスーツとドレスを、私はワンピースも何着かオーダーしたのでおすすめの店と完成までの手順を紹介します。

 

テーラーショップの種類

 

  • ローカルな小さいテーラーショップ
  • 大手のテーラーショップ

 

町には小さいテイラーショップが沢山あり、ワンピースは1着2000円ほどでオーダーできるのでカジュアルな服を頼むのがベター。

 

ホイアンオーダーメイド

あちこちにある小さなテイラーショップ

 

大手のテイラーショップもあり、質も良いのでローカルショップよりは割高になりますがスーツやドレスを作ってもらうのがおススメ。

 

Komugi

私は結婚式用のドレスを大手テイラーショップ、カジュアルなワンピースをローカルなショップでオーダーしました。

 

ホイアンおすすめの
大手テーラーショップ3選

A DONG SILK(ドン・シルク)

ホイアンオーダーメイド

 

A DONG SILK(ドン・シルク)はフランスから輸入している生地やベトナムで作られているシルクなど様々な生地が揃うテイラーショップ。

 

Komugi

お手頃なものから高級生地まで揃います。

 

 

YALY(ヤリ―)

ホイアンオーダーメイド

 

シルク工場も入っている大型テーラーのYALY(ヤリー)お屋敷のようなデカい建物でこのテイラーショップ目当てに海外からも観光客がきます。

 

常に試着の人で賑わっていて、スタッフの手際も良く丁寧な採寸で質の高いオーダーメイドが作れます。値段は少し割高。

 

 

Kimmy(キミ―)

ホイアンオーダーメイド

 

Kimmy(キミー)は上記の2店に比べれば少し小さめですが、ドレスなどは短期間で作ってくれます。ただスタッフは結構強め。(笑)

 

Komugi

試着室は冷房が効いてなくて暑かったです…。

 

 

 

オーダーメイド服が
完成するまでの流れ

ワンピース・ドレスの場合(Kimmy)

 

01.生地を選ぶ

ホイアンオーダーメイド

生地を選ぶ

 

自分が作りたいドレスの生地をサンプルを見ながら選びます。伸縮性があったり値段も生地によって変わってきます。

 

02.ドレスのデザインを決める

ホイアンオーダーメイド

デザインを決める

 

スタッフにデザインなどのイメージを伝えてどんなドレスにするか決めます。

 

イメージする写真があるとベストです!ピンタレストとかに沢山のっているのでおすすめ。

 

03.採寸

ホイアンオーダーメイド

採寸してもらいます

 

体の隅々まで採寸します。この時見え張ってお腹へこまさないように(笑)出来上がりがめっちゃきつくなります。

 

04.試着

ホイアンオーダーメイド

試着

 

だいたい次の日に大方出来上がってくるので試着にいき、細かい修正点を伝えます。これを2日間くらい繰り返します。

 

05.完成

ホイアン オーダーメイド

オリジナルドレスの完成

 

自分だけのオリジナルドレスの完成です!

 

ワンピースやドレスは3日ぐらい、早くて2日で出来ることも。短期滞在でも簡単に作れるので女子は絶対作った方がいいです。

 

これは結婚式用のドレスだけどカジュアルなワンピースも同じ工程で作られます。

 

Komugi

小さいなテイラーショップは冷房がついていないので汗だくで試着するのが結構キツイ

 

 \ 値段 /

  • 結婚式用のドレス:8000円~
    (生地やデザインにより異なります)

 

  • カジュアルなドレス:2500円~
    (生地やデザインにより異なります)

 

シャツの場合(ドンシルク)

01.生地を選ぶ

ホイアンオーダーメイド

沢山ある生地の中から好きなものを選ぶ

 

02.襟やボタンの形を選ぶ

ホイアンオーダーメイド

マンダリンスタイルなど自分のスキな形を選ぶ

 

03.採寸

ホイアンオーダーメイド

細かく採寸

 

04.iPadで全身を撮影

iPadで全身の撮影、半額をデポジットとして支払う

 

05.試着

ホイアンオーダーメイド

細かい部分を修正

 

次の日に大体の型が出来上がるので試着し細かい部分を修正します。

 

06.完成

\ 値段 /

シャツ:3500円~(生地やデザインにより異なります

 

Komugi

ドンシルクはシャツの生地もたくさんあって、彼も気に入っていました!男性はドンシルクがおすすめ!

 

 

スーツの場合(YALY)

01.生地を選ぶ

ホイアンオーダーメイド

スーツの生地を選びます

 

02.採寸

ホイアンオーダーメイド

細かく採寸

 

スーツは特に細かく採寸され、3Dプリンタで実物のトルソーが作れるマシーンでも採寸していました。すごい!

 

03.全身の撮影

ホイアンオーダーメイド

全身の撮影

 

専用のカメラで全身を色んな方向から撮影していきます。

 

04.半額をデポジットとして支払う

 

05.試着と修正

ホイアンオーダーメイド

細かい修正

 

試着と修正を何日か繰り返します。だいたい3日ぐらいはかかります。

 

06.完成

ホイアンオーダーメイド

オリジナルスーツが完成!

 

問題が無ければ完成です。

      \ 値段 /

  • 3ピースのスーツ:4万円ほど
    (生地やデザインにより異なります)

 

  • 2ピースのスーツ:25000円~(
    生地やデザインにより異なります

 

YALYは少し割高に感じました。他の店で作ったスーツは2ピースで2万円ほど。

 

Komugi

でも細かく修正してくれて、冷房が効いた部屋で試着できるのでクオリティの高いものを作りたいならヤリ―がおすすめ。

 

オーダーメイドの
値切りって出来る?

 

ローカルな小さめのテイラーショップは出来ます。ひるまずに強気でいきましょう。大手テイラーショップは元の値段がだいたい決まっているので値段交渉は難しいです。

 

Komugi

どちらも複数まとめて頼んだ方が値切りしてくれる傾向にありました!

 

 

完成したワンピースたち

 

 

オーダーする時のポイント

 

  • お腹が空いている状態で採寸しない
  • 気になる部分はガンガン言う
  • Ⅴネックは思いきって深めに
  • 採寸の時見え張ってお腹凹ませない

 

お腹凹まして採寸すると最終的にその状態でしか着れなくなって、キツく感じお直しになるので見え張らずちょっと腹出すぐらいで採寸しましょう。

 

ちなみにやり取りはすべて英語になります。店員さんも英語ペラペラ。ただ、ジェスチャーと単語だけでもどうにかなると思うので、少し英語を勉強して挑戦してみましょう!

 

 \ 使える英語のフレーズ /

 

・少しキツイ a litte tight (ア リル タイト)
・少しゆるい a litte loose (ア リル ルーズ)

 

・いつできますか?

    When will it be ready?(ウェン ウィルイットビー レディ?)

 

・丈を調整してもらえますか?
 Could you adjust the length? (クッジュー アジャスト ジ レングス?)

 

・短く/shorter(ショーター)

・幅広く/wider (ワイダー)

 

あとはボディランゲージと、グッドとかの簡単な単語で大丈夫!ジェスチャーは最強です(笑)

 

Komugi

あとは、遠慮せずにココは直して欲しい!とかハッキリ言うことが大事!

 

まとめ

ホイアンオーダーメイド

 

値段は店によって様々なので最初はリサーチしながら色んなお店で値段を聞くのもいいかも。

 

でもホイアン暑すぎてそんなに周る元気がなくなります。(笑)

 

どのスタッフさんに当たるかも超重要。結構冷たい感じのスタッフとか強めなスタッフもいますが、ひるまずにガンガン伝えましょう。

 

Komugi

Kimmyで私についてくれたスタッフは結構グイグイでこっちの意見を伝えるのが難しかった(笑)

 

やりとりはすべて英語になりますが、簡単な英語で大丈夫。オーダーメイドの服を作れるいい機会なので、ホイアンに行った際は自分だけの服をオーダーしちゃいましょう。

 

 

 

\ 植物療法とコスメのブログ /

Komugi

植物療法とコスメのブログも運営しているのでチェックしてみてね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA